嫌いな人が去っていくおまじない10選と嫌いな人を辞めさせる3つの呪文。縁切り・スピリチュアル

どんなに気を遣っていて接していても、嫌いな人や付き合いたくない人って出てきてしまいます。

会えば嫌味ばかりを言う人、喋っているとイライラしてしまう人、あなたに我慢を強いる人…

距離をおきたいけれども、仕事関係の人や家族ぐるみの付き合いでどうしようもなくて悩んでいる人も多いと思います。

けれども自分の気持ちを押し殺して、無理して付き合い続けるのはとてもしんどいことです。

今回はそんな人のために「嫌いな人が去っていくおまじない」と「嫌いな人を辞めさせる呪文」を紹介していきます。

簡単で効果抜群のものですが、効果がありすぎるので軽はずみに使わないようにしていきましょう。

おまじない・呪文を使う前に知っておいてほしいこと

一度切れた縁は戻せない

「嫌いな人が去っていくおまじない」と「嫌いな人を辞めさせる呪文」、どちらもその人との縁を切るものになります。

縁を切るということは、その人とのつながりがなくなること。

今回ご紹介するものはどれもその効果が強力なので、後になって「やらなければよかった」は通じません。

カッとなって試してしまったり、一時の感情で行ってしまうとあとあと後悔してしまうことになってしまいます。

縁を切るおまじないや呪文は、本当に縁が切れて、二度と会わなくなっても良いと思う人にだけ使うようにしてください。

もし、嫌いな相手でも、距離をとることや、関わらなくても良い相手であれば、そちらで対応していくことをオススメします。

リスクは少ないけれども・・・

縁を切るおまじないや呪文は、本格的な呪術や黒魔法とは違い、一般人でも行うことができます。

準備も手軽で、呪い返しなどがあるわけではありませんが、だからといって気軽にホイホイと試さないようにしましょう。

さらに、実施するときに相手が不幸になることを強く願ってはいけません。

相手に強い悪意を持って行ってしまうと、自分の運気を食いつぶすことになってしまったり、切りたくない人の縁を切ってしまったりすることもあります。

あくまで、嫌いな相手との縁が切れることだけを願い、相手の不幸を望まないようにしましょう。

効果を疑うと発動しない

縁を切るおまじない、呪文にかぎらず、その効果を疑ってしまうと意味がありません。

おまじないや呪文は、あなたの強い意思と願いが力となって現実世界に作用をしていきます。

本気で願うから効果がでるのであって、「もしかして効かないんじゃないかな」「これって意味があるの?」と思ってしまうと効果が著しく下がってしまいます。

どうしてもこの人が自分の前から消えてほしい、と思う相手に対して強く念じて行うようにしてください。

人に知られてはいけない

おまじないや呪文は、やっていることを人に知られてはいけません。

縁切りを行っていることが関係ない第三者や、信じていない人に伝わると、それだけ効果が薄れていってしまいます。

古来より、人に見られない、秘密裏に行われる神秘には、見えないエネルギーが宿ります。

大っぴらになってしまうと、効果が無いばかりか自分の社会的評判にも影響してしまいます。

効果が出る前はもちろん、縁が切れた後でも、安易に口外はしないよう注意していきましょう。

途中で辞めることが出来ない

切れた縁は戻せないという話に近いですが、一度始めてしまうと途中で辞めることができません。

もちろん、中途半端にしかやらないと効果が出づらいですが、それでも相性や時期、念の強さによっては、縁が切れてしまいます。

「やっぱりやめた」が通じないので、本当に縁を切りたい相手にだけ行うようにしてください。

おまじない、呪文を成功させるための準備

今回ご紹介する方法は、なるべく日常にあるものだけで効果がでる方法をお伝えしていきます。

スムーズに行うためにもあらかじめ、必要なものは用意しておきましょう。

また、相手の名前が必要な場合は、正しい漢字を知っておくようにしましょう。

「太郎」や「太朗」のような似た漢字があって間違いやすい名前や、本当は旧漢字が正しい名前といったケースもあるので注意しましょう。

縁切りをする適切な時期

縁切りをするときに気になるのは、効果が出やすい時期。

基本的に縁切りのおまじないや呪文、祈願はいつでも問題ないとされています。

ただ、縁切りを行いたいと思ったのが10月近くの場合は、蠍座の新月に合わせるのもオススメです。

蠍座の新月は、だいたい10月24日~11月22日くらいの間に起こります。

毎年決まった日ではく、ある程度前後します。

蠍座には刷新の星座とも呼ばれ、今まであったものをガラッと変えてしまう力があるとされています。

新月も新しく物事を始める力があるので、蠍座の新月が近ければそのときに合わせて実施してみましょう。

嫌いな人が去っていくおまじない

1.トイレットペーパーを使ったおまじない

嫌いな人が去っていくおまじないとして有名で、なおかつ手軽に行えるのがトイレットペーパーを使ったおまじないです。

トイレという場所は不浄なものを流す場所になるので、嫌いな人との縁をスッキリとさせるのにお誂え向きだと言えます。

やり方は簡単で、

1.トイレットペーパーを切る

2.そこに赤ペンを使って嫌いな人の名前をフルネームで書く

3.相手の姿を想像して、その人がいなくなった状況を願いながらトイレに流します。

という手順になります。

流したあとしばらくすると嫌いな相手がいなくなります。

手軽な方法ですが、流してしまったあとに取り返しは効かないので軽はずみにやらないように注意しましょう。

2.柑橘系の飲み物を使ったおまじない

この方法は、特定の人よりも、不特定多数の嫌いな人や悪い人を寄せ付けない方が得意というおまじないになります。

手順はとても簡単で、

1.新鮮な柑橘(オレンジやレモン、グレープなど)の飲み物を用意する

2.嫌いな人が自分から離れていく姿をイメージします

3.用意した飲み物を飲み干します(一気に飲むのが辛かったら少しずつでもOK)

嫌いな人や悪い人には邪気が溜まっていることが多く、そういった邪気を新鮮な柑橘の香りが払い除けてくれます。

オレンジジュースとかでもいいですが、できたら生搾り、ご自身で搾って作るとより効果が出ます。

3.タイガーアイを使ったおまじない

3つ目にご紹介するのはパワーストーンを使ったおまじないです。

これまた簡単な方法で、タイガーアイというパワーストーンを肌見放さずもっているだけでOKです。

タイガーアイは仕事上の付き合いでの悪縁を遠ざける効果があります。

もしほかの縁であれば次のように用意する石を変えてみてください。

恋愛においての縁切りにはオニキス、事故との縁切りにはターコイズ、怪我や病気との縁切りにはヘマタイトがそれぞれオススメの石になります。

パワーストーンというとブレスレットを思い浮かべますが、単純に石を1つ持ち歩くだけでも効果があります。

他の効果も望みたいときや石の組み合わせを変えたいときなどは専門店に相談してみましょう。

4.ロウソクを使ったおまじない

これはロウソク魔術と呼ばれるジャンルのおまじないになります。

今回紹介する中でもかなり強力なので、軽はずみに実施しないようにしましょう。

1.部屋を暗くしてロウソクに火を灯す

2.紙に赤いペンで嫌いな人の顔を思い浮かべながら相手の住所と名前を書きます。

3.「〇〇さんとの縁は切れた」と3回つぶやいてロウソクで紙を燃やします

※暗い部屋での火の扱いには十分注意しましょう。

5.赤いリボンを使ったおまじない

このリボンのおまじないも手軽に出来て、効果のある方法となります。

1.赤いリボンを用意して嫌いな相手の名前を書きます

2.そのリボンをできるだけ細かく裁断します

3.リボンの残骸が誰にも見つからないようにゴミとして捨てます

リボンを切る際は、手を怪我しないように注意して、出てきたゴミは袋につめて、外から見えないように捨てるようにしましょう。

6.バラの棘のおまじない

バラには邪気を払う強い力が込められています。

その理由は、バラの棘にあり、この棘があなたのことを守ってくれます。

棘のあるバラを家に飾ることであなたが嫌いな人をはねのけることにつながります。

また、花の入った花瓶の近くにパソコンやスマホなどをおいておくと、電話やメール、LINEといった連絡を遠ざけることができます。

7.水とハサミを使ったおまじない

次にご紹介するのがキレイな水とハサミを使ったおまじないです。

これは満月の夜にやるのでタイミングが難しいですが、簡単で効果の高い方法となります。

1.満月の夜12時に汚れの少ないキレイな水を洗面器に溜めます

2.目を閉じて嫌いな人の顔を想像します

3.目を開けて水面を見て、嫌いな人の顔が浮かんだらハサミで切ります

4.何度も繰り返して相手の顔が浮かばなくなるまで続けます

8.塩を使ったおまじない

このおまじないも満月の日に準備を行います。ただ、縁切りのための塩を作ったら、それを使うのはいつでも良いので、満月の日に準備だけ進めておきましょう。

1.満月の光を10分ほど塩にあてます

2.その塩を舐めながら嫌いな相手がいなくなることを想像する

満月の光の力を浄化の塩に貯めることで、あなたの嫌いな人との縁切りを進めてくれます。

普段からこの塩を持っておくことで、不浄なものを遠ざけますし、料理に使っても効果があります。

9.スマホの写真を使ったおまじない

これはスマホに入っている写真を使った強力なおまじないです。

1.画像に描き込めるアプリで写真を開きます

2.赤いペンツールでその人の顔に✕を3回書き保存します

3.「◯◯さんとの縁は切れました」と3回唱えてから保存した写真を削除します

このおまじないの注意としては、写真に縁を切りたい人意外の人が写っていると、その人との縁も切れてしまうので、トリミングをしたり、嫌いな人だけが写っている写真を使いましょう。

10.新月の日のおまじない

10個目にお伝えするのは新月の日限定のおまじないです。

用意するのは水と紙と赤ペンだけなので日程の縛りがある以外は手軽に行える方法になります。

1.白い紙に赤ペンで嫌いな人の名前を書きます

2.その紙を水を入れたお皿に浸します(紙全部が水に浸るように)

3.お皿ごと窓際に30分ほど置きます

4.嫌いな人がいなくなる想像をしながら紙を手でバラバラにちぎります

5.人に見えないようにゴミとして捨てます

嫌いな人を辞めさせる3つの呪文

1.〇〇さんから学べることは、終わりました。ありがとうございました。

とてもポジティブな言葉ですが、相手との関係を終わらせるのにとても効果のある呪文です。

相手に直接言わずに、一人で唱えるようにします。

この言葉を唱えるときは、難しいかもしれませんが、嫌悪感を持たずに相手の幸せを祈りつつつぶやくことが大事です。

2.マヌ・コロ・キヤン

マオリ族(ニュージーランドに住んでいた先住民族)が伝統的に使う言葉で、悪霊や邪気を避けるために口にされます。

避けたいものの存在を思い浮かべ、この呪文を唱えることで、あなたの前からいなくなります。

悪いことが続いたときや、何だか気だるいときなどにも唱えると効果があるので、覚えておきたい呪文です。

3.ミス・トロー・ク・ニグマ

最後にお伝えするのは、黒魔術の呪文になります。

黒魔術は他人に危害を与えるための魔術としているため、気軽に唱えることは止めましょう。

どうしても辞めさせたい人がいるときに、その人の顔を想像して呪文を唱えることで、自然と相手はいなくなります。

この呪文を唱えた後は、塩水で口をゆすぎ、早めにお風呂などで身体をしっかりと洗いましょう。

効果のある縁切り神社

嫌いな人との縁を切りたい人は縁切り神社への参拝も効果的です。

京都の貴船神社や、安井金比羅宮、大阪の石切劔箭神社、東京の縁切榎など全国に縁切りに強い有名な神社がたくさんあります。

縁切りのお守りや、御札を授かることができたり、個人のご祈祷ができるので、時間がある方は足を運んでみてください。

今すぐにでも嫌いな人との縁切りをしたい人へ

1日でも早くこの人との縁を切りたい。

これ以上我慢できないという方は、プロの縁切り祈願を受けてみるのはいかがでしょうか?

沖縄で先祖代々凄腕のユタ(シャーマン)として活躍され、メディア出演もされた美杏先生の縁切り祈願はこちらから